「ほっ」と。キャンペーン
否定と肯定。

 人の生きる様を否定する事は容易い。


 でも、どうでしょう?


 その人の生き様の意義を見出す努力をしてみたら。。。。。。。


 自分には無い、人それぞれの輝きを見出す事こそが

 成長の糧ではないのでしょうか?


 人それぞれなのですから!!
[PR]
# by aud-inc | 2007-08-21 18:45 | 社長のひとりごと | Comments(0)
ブルーオーシャン

 アパレル・ビジネスにおける、漫画という広告媒体。



 自分は漫画が大好きで、単行本ではなく週間月間問わずに

 一ヶ月にかなりの雑誌を購入して読んでおります。

 そこで気になる事があるのです、、、、、、、、、。

 ストーリーや構成には一切問題を感じる事無く、読むようにしているのですが

 一つだけケチを付けたくなる事が頻繁にあります。

 ( 評論家でも無いので、嫌なら読まなければ良いだけで、作家さんに

   一言申す的な事は一切ございません。  念の為、前置きです!! )


 
 服装に若干のブレがあるのではないのかなと。。。。。。。。。。。。。

 ストーリーと構成が《 面白味 》の最重要項目なので、

 そこは重要ではないのかもしれませんが、、、、、、、、、



 漫画と、アパレルブランドやファッション誌が連携して、

 登場人物に時流や背景にあった服を着用させていく。

 テレビや映画の概念を、漫画に持ち込んでみたら、、、

 どうなるんでしょうかね?

 知らないだけで、既にやられているかもしれませんが。。。。。。


 新しい広告媒体にはならないでしょうかね??




 勘違いだったらスミマセン、、、、、、、、、、、。






 
[PR]
# by aud-inc | 2007-05-18 20:29 | 社長のひとりごと | Comments(0)
MSC

 ちょっと前からニュースでもたまに取り上げられておりますが、

 漁獲高が軒並み減少しているらしいです。

 テレビだけで見ていると、世界的に寿司をはじめとした魚料理ブームが

 原因のような消費立場からの観点が多いのですが、

 元々は環境破壊や乱獲が起因かと思います。

 生産も消費も、まさに需要と供給の相互関係なので、

 スタートがどちらかの論理はあまり関係がございませんが、、、、、、、。

  
 Marine(マリーン)

 Stewardship(スチュワードシップ)

 Council(カウンシル)

 通称【 MSC 】
 *海洋管理協議会(海の環境を守り持続可能な漁業を推進する非営利団体)

 
 過剰な乱獲で海域資源を枯渇させ、多くの失業者や損害を受けた事を

 教訓にある企業が資源保護に目を向け始め、1997年に設立した団体です。

 運営のほとんどは寄付や助成金で賄われていて、認証を出すに際し

 どこからも利害や影響を受けない独立性を持っての運営を行っているそうです。

 (立ち上げた企業からも1999年に独立。)

 原則を守っての漁業を行っている認証がおりると、

 【MSC】ラベルを取得出来る仕組み。

 環境保護の意識が高いヨーロッパでは、レストランのメニューに【MSC】ロゴが

 記載されたり、スーパーに並ぶ同じ商品でもロゴの入った商品を

 積極的に消費者が購入する結果、値段が高騰する現象がおきていて

 良い循環が構築されつつあるそうです。

 あの京都議定書で《 NO!! 》の言った米国で、世界最大の小売業を展開する

 ウォールマートですら、今後5年以内に鮮魚、冷凍魚の全てを【MSC】認証業者から

 調達すると発表したそうです。

 企業は消費者が納得する商品を供給するのが《 常 》ですから、

 先進国の消費者は消費する際の《 道徳感と義務 》を自らに課す人が増えた事の

 裏返しとも考えられます。


 見えてる物は無限だと信じ、食い尽くすか!?

 奥行きまで想像し、継続性を日々の暮らしに投じるか!?


 需要と供給が《 生産者と消費者の相互関係 》である以上、

 どちらの側にも同等に降りかかる課題ですね!!
[PR]
# by aud-inc | 2007-04-14 18:32 | 社長のひとりごと | Comments(0)
願う

 皆さんも初詣に行きましたでしょうか?

 手を合わせお願いをする。

 でも本当は《 願う 》では無く《 誓う 》ものらしいです。

 こうなる為に頑張りますと、誓う。


 これから簡単にはお願い出来ませんね。

 《 誓う 》訳ですから!
[PR]
# by aud-inc | 2007-01-30 00:03 | 社長のひとりごと | Comments(0)

AudienceAudience/オーディエンス

"10年先も通用する価値観を提案する―。"

ただ丈夫な・クオリティが高いという意味だけではない、着用してより楽しい・好きになれる、ほんとうの意味で「より長く愛用して頂ける製品」を目標に、皆様(観客・聴衆=audience)の声を聴きながらよりよいプロダクトを作るアパレル・ブランド。

トレンドを追うだけでは得られない、不変・普遍でありながら輝きを失わない価値観を提案しています。

実店舗について

実店舗イメージ

Audience atelier shop

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南2-45-1三協ビル1F

03-5305-4377

営業日時
(平日)13:00~21:00
(土日祝日)12:00~20:00
定休日:水曜日

詳しくはこちら

Audienceオフィシャルウェブショップ

卸売のご案内

弊社ではオリジナルブランド商品の他、インポート商品等の卸売業務を行っております。

お取り扱い店様は随時募集させていただいております。

詳しくはこちら

お問い合わせ

弊社の商品・業務などに関してお問い合わせの方は、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
Audience / (有)AUD 〒166-0014
東京都杉並区高円寺南2-45-1
三協ビル1F
03-5305-4377(代表)/
03-5305-4378
info@aud-inc.com

お問い合わせ

リンク
ブログパーツ