絞り染め【社長のひとりごと】
d0174308_11192292.jpg

EYE-DYEはご存知でしょうか?
米国のタイ・ダイ(Tie・Dye)を専門としているメーカーさんで、
あらゆる種類のタイ・ダイを揃えております。
昔は重ね着の下に着て、派手な発色やムラ感を効かすのが流行り
EYE-DYEさんとの取引も頻繁で、上の画像はその当時に頂いた
展示ブースに飾られていた旗のような物です。

タイ・ダイは(Tie-縛る)(Dye-染める)で日本で言う絞り染めです。
縛る、縫い締める、折るなどして圧力をかけた状態で布を染める事により、
染料が染み込まない部分が模様となります。

かなり古くから世界各地にある手法で、
日本でも奈良時代には既に確立した染色方法が存在していたそうです。

前記で(流行)と言っておりましたが、1000年を越え伝わる手法に対して
あんまり使ってよい表現では無かったかも知れませんね。

そんな深い歴史を持つ絞り染めを、生地に施すという大胆な生地メーカーさんがあり、
今シーズンAudienceでもお取り扱いさせて頂く事に!!

 ■AUD2244 リサイクルネップ絞り染め裏毛スタンドフードパーカー
 ■AUD2136 リサイクルネップ絞り染め裏毛イージーショーツ

通常は手作業で原則製品に染色することがほとんどなのですが、
こちらは染色済みの生地を裁断している為、裁断箇所で染め感が切り替わる感じが
今までに見た事が無い仕上がりです、グッときます。

ただ、残念な事に取り扱いは来季の新作で最後になってしまいます。。。。

何故かといいますと、非常に手間とロスが多くかかる作業でして、
凄く高い生地になってしまうそうなのです。
今回はメーカーさんが試しに生産された生地を全部購入させて頂いたので、
この値段で押さえる事が出来たのですが。。。。。

生地在庫が無くなり次第終了です。
何とかやり続けたいですけどね。


d0174308_11193077.jpg

EYE-DYE 
LIQUID BLUE




【お問い合わせについて】
Audience [ http://www.aud-inc.com/ ]
Audience Official Web Shop [ http://www.aud-inc.com/home ]
Mail [ info@aud-inc.com ]

弊社の商品・業務などに関してお問い合わせの方は、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

トラックバック:ファッション・インテリア
[PR]
# by aud-inc | 2010-08-31 11:21 | 社長のひとりごと | Comments(0)
SIGGボトル【店長兼営業部長のほっとブログ】
今年のこの酷暑の中、外に出歩くときはいつもこのSIGGボトルに飲み物を入れて持ち歩いております。
d0174308_19512530.jpg

99.5%の高純度のアルミプレートで作られたボトル容器なのですが、
実は保湿、保冷機能がないんです。
基本的には常温の飲み物を持ち運ぶ容器なんです。

はじめは保冷できるボトルにするかこのSIGGボトルにするかで迷ったのですが、このSIGGボトルに決めた理由がなんといってもデザインの種類の多さです。キース・ヘンリングのデザインに懐かしさを覚えて購入しました。

購入してからSIGGボトルを調べてみるとSIGG社はデザインだけではなく、環境保護に積極的に参加をしていて、ドイツで最も権威のある環境保護専門誌OKO-TEST誌において、最高評価のsher gut(very good)を獲得しています。

1908年の設立から100年以上も続いていて、環境保護とデザインをうまく融合して、現在でも高い評価を受けているボトルだったんです。スイス大統領のオフィシャルボトルまで手がけているそうです。

はじめは常温の飲み物だけしか持ち運べないなんてと思ってましたが、実は常温の水で細かく水分補給をする飲み方になれると少量の補水で効率良く体に吸収され、健康的にも効果があると言われてます。

まだもう少し暑い日が続くようですが、皆さんも適度な水分補給を心がけ、十分お体にはお気をつけくださいませ。


【お問い合わせについて】
Audience [ http://www.aud-inc.com/ ]
Audience Official Web Shop [ http://www.aud-inc.com/home ]
Mail [ info@aud-inc.com ]

弊社の商品・業務などに関してお問い合わせの方は、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

トラックバック:ファッション・インテリア
[PR]
# by aud-inc | 2010-08-30 20:15 | 営業部長のほっとブログ | Comments(0)
ライノタイプ社 Helvetica【EC担当はやおのプロダクトノート】
こんにちわ!はやおです。
『EC担当はやおのプロダクトノート』
自分の持っている持ち物だとか、気に入っている“モノ”に関してグダグダとうんちくを述べていくブログです。

第12回はちょっと視点を変えてプロダクトにまつわるもの、『書体』のご紹介です。
ライノタイプ社 Helvetica
d0174308_18533178.jpg
 50年の歴史を持ち、“世界で一番知られ、愛されている”『書体』。

 1957年にスイスで生まれ、まだパソコンもなかった時代から、文化・国家・言語の壁を越え多くのシーンで使用されています。
 日本ですら、1964年の東京オリンピックの制定書体となったことが最初ですから、古くからどれだけ使われていたか良くわかります。

 このHelvetica、ふと見渡せばいろいろなところに使われています。
 アパレルで言えば、American Apparelや、THE NORTH FACEのロゴなどが分かりやすいかと思います。他にも、良く見る場所で言えば、JR東日本の駅名看板の英字部分にHelveticaは使われています。
 街の至る所で使われていますから、どんなところに使われているか探してみるのも面白いかもしれません。

 2007年にHelveticaは生誕50年を迎え、Helveticaを特集した書籍やDVDまで出版されています。
 裏を返せば、(一部の人向けかもしれないとはいえ)書籍やDVDをわざわざ出版するだけの価値がある、というのだからその愛され方は推して知るべしと言ったところでしょうか。

『書体』なんてカタチの集合でしかないかもしれません。
そして、実体のあるものですらありません。
そんな、あやふやなものが長く、そして今も愛されているということに、僕は感動を覚えました。

Helvetica
ライノタイプ社
Helvetica解説(Wikipedia)
Helvetica Project
Design Walker:Helvetica(ヘルベチカ)を使った企業ロゴを集めてみました

ここ数回変わり種が多かったので、次回はプロダクトらしいプロダクトをご紹介いたします。

今日のブログはEC担当 はやおがお届けいたしました!


【お問い合わせについて】
Audience [ http://www.aud-inc.com/ ]
Audience Official Web Shop [ http://www.aud-inc.com/home ]
Mail [ info@aud-inc.com ]

弊社の商品・業務などに関してお問い合わせの方は、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

トラックバック:ファッション・インテリア
[PR]
# by aud-inc | 2010-08-27 19:33 | EC担当はやおのプロダクトノート | Comments(0)
『ワークウェア』の魅力【MデザイナーのファッションSTYLE】
こんにちは。Mデザイナーです。

残暑、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
まだまだ暑いですが、今週末の高円寺は阿波踊り
ぜひ、みなさまお誘い合わせの上、お越しくださいませ。

※申し訳ございませんが、阿波踊り期間中は高円寺ショップはオープンしておりません。
 予めご了承くださいませ。


さて、本日のお題は『ワークウェア』の魅力。

先日もご紹介しました
■Audience Wガーゼチェックシャーリングミリタリーシャツ
も『ワークウェア』をモチーフにした商品になりますが、Audienceでは、他にも色々とワークウェアをアイデアのヒントにした商品を作っているんです。
そんな『ワークウェア』の魅力を少しでも多くの方にご理解いただけたら、と今回のお題とさせていただきました。

『ワークウェア』の最大の特徴は
着用する労働者の仕事内容と労働時の体の動きを計算した機能的なディティールとシルエットにあります。
また、大量生産をし、コストダウンを図るために縫製工程・仕様が簡略化され、合理的なパターンで成り立っていることが多く見受けられます。
ステッチ一つを取っても、単なるデザインではなく、適材適所で意味がある使い分けがされていることが分かります。

d0174308_1714977.jpg

   ー IMAGE SOURCE <アイデアのヒント> ー
    ■SANFORIZEDのカバーオールジャケット
    「1950年代ごろ。ラングラーの前身ブルーベル社製」

『ワークウェア』のディティールは探求するほどに深く、ディティールの意味、労働者の歴史や背景をひも解く、多くの魅力的な要素が含まれています。
そんな『ワークウェア』は、Audienceにとって、現代の生活に見合ったディティールに変化した【新しいデザイン】を生み出すための必要不可欠なアイテムの一つです。


【お問い合わせについて】
Audience [ http://www.aud-inc.com/ ]
Audience Official Web Shop [ http://www.aud-inc.com/home ]
Mail [ info@aud-inc.com ]

弊社の商品・業務などに関してお問い合わせの方は、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

トラックバック:ファッション・インテリア
[PR]
# by aud-inc | 2010-08-26 17:23 | MデザイナーのファッションSTYLE | Comments(0)

AudienceAudience/オーディエンス

"10年先も通用する価値観を提案する―。"

ただ丈夫な・クオリティが高いという意味だけではない、着用してより楽しい・好きになれる、ほんとうの意味で「より長く愛用して頂ける製品」を目標に、皆様(観客・聴衆=audience)の声を聴きながらよりよいプロダクトを作るアパレル・ブランド。

トレンドを追うだけでは得られない、不変・普遍でありながら輝きを失わない価値観を提案しています。

実店舗について

実店舗イメージ

Audience atelier shop

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南2-45-1三協ビル1F

03-5305-4377

営業日時
(平日)13:00~21:00
(土日祝日)12:00~20:00
定休日:水曜日

詳しくはこちら

Audienceオフィシャルウェブショップ

卸売のご案内

弊社ではオリジナルブランド商品の他、インポート商品等の卸売業務を行っております。

お取り扱い店様は随時募集させていただいております。

詳しくはこちら

お問い合わせ

弊社の商品・業務などに関してお問い合わせの方は、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
Audience / (有)AUD 〒166-0014
東京都杉並区高円寺南2-45-1
三協ビル1F
03-5305-4377(代表)/
03-5305-4378
info@aud-inc.com

お問い合わせ

リンク
ブログパーツ