約束

友人と食事をする約束をしていた。

先行きに関係する、二人にとっては重要な話。

ですが二度の約束が先延ばしになり、次回の約束で三度目の日にち変更。


理由は友人の会社の社長都合。

話合いをする予定を社長の都合で変更させられているそうで。

その方にも予定を変更しなければならない重要な用件でもあったのでしょう。


しかしですよ!!

  《 自分だけではなく、人にもそれぞれ事情が有り、

    約束は立場に関わらず皆平等に大事な事。 》

だと思うのですよ。



四度目が無い事を祈りますよ、ホント。
[PR]
# by aud-inc | 2006-11-17 20:06 | 社長のひとりごと | Comments(0)
活版印刷

15世紀に活版印刷の技術が実用化され、本の量産が可能になった。

本はそれまでは、手で写本するか一ページずつ版を彫って作るしかなく、

非常に高価なもので一部の特権階級しか手にする事が不可能でした。

当時本は知識と情報で有り、知識を特権階級しか得られなかった事にもなる。

それが活版印刷の実用化により、一般の人々が知識を共有出来るようになり

文明の劇的な転換期を迎える。


本の量産が、劇的に時代を変えていった。

現代はインターネットが劇的(爆発的)に世の中を変えて行く。

共通項は知識の共有。

あらゆる知識を貪り、我先にのスピード時代。



次の仕掛は、それを逆手にどうにか出来ないものかと常に考えている。

知識は更新される可能性を秘めているが、

価値観だけこそは普遍性を本来おびているハズなのだから。
[PR]
# by aud-inc | 2006-11-12 16:27 | 社長のひとりごと | Comments(0)
オーマイニュース

韓国最大のネット新聞「オーマイニュース」の日本版が

先月末創刊されたそうです。

  【オーマイニュース日本版】
 http://www.ohmynews.co.jp/

簡単に言うと、既存メディアが(情報発信者→その受け手)と一方的関係に対し

両者が対等な双方向なメディアといったところでしょうか。

 (編集のタイミングでのコントロールも当然可能でしょうから、

  厳密な双方向は無理だと思いますが。)


どうなんでしょうかね?

たしかに登録制の市民記者(日本版スタートは975人、韓国は現在4万4千人)から、

日々集まる情報は少数のプロ記者を質量ともに圧等するようになるでしょう。

ただ少し疑問なのが、噂話から誹謗中傷の世界にまで発展するネット社会で

【確かな】情報の提供(供給)は可能なのでしょうか。

市民記者からの膨大な情報の裏付けを誰が行うのでしょうか?


ですが使い方によっては凄い事が出来るようになるんでしょうね、きっと。

それともただの口コミ新聞になってしまうのか、、、、、


時代のスピードが速すぎて、理解より早く世の中が進みすぎているのを

より実感させられる話でした。


脳のシワを増やさないとホントまずいですね。
[PR]
# by aud-inc | 2006-09-29 21:21 | 社長のひとりごと | Comments(0)
OLYMPIC
最近2016年の夏季五輪候補地の話題をよく耳にする。

東京か福岡か。

ものの本で読んだのですが、五輪は大陸持ち回りの原則があるそうで

16年はアメリカ、もしくは南米大陸の可能性が濃厚らしい。


東京 or 福岡

どちらかが国内候補として確定すると、2009年10月のIOC総会まで

自治体の予算(住民の税金)を使ったさまざまな招致活動が

行われるそうです。


勝算の薄いタイミングの招致を、

住民の税金を使って、、、、、、、、、


何か奥の手でもあるのでしょうかね。

それとも任期中のパフォーマンス!!

後者でしたら残念な話ですね。



前職会社の社長は、税理士先生に人件費が高すぎると怒られるほど、

アパレルの水準の中では、社員に良い給料を支払う社長でした。

そのお陰で私もそこそこの給料をいただいておりました、、、、、

当たり前ですが、会社を辞めて独立すると住民税は自分で支払うんです。

前年の給与実績から試算して。

結構な額なのです。

決まっている事なので、役所も当然だよ的な感じで当たり前に支払って下さいと来るのです。


そりゃ、頑張って税金は沢山納めたいと思っておりますよ!!

でも失敗するかもしれないじゃないですか!!

ブルーシート片手に、路上生活かも知れないんですよ!!

【前年実績が収める税の基準】だったらルールに準じますよ。

でも税金はちゃんと使われているんですかね!?



招致活動って、どれくらい税金を使うのですかね、、、、、、



ただのパフォーマンスで無い事を信じたいですね。

勝算が立っているからこその立候補だと。
[PR]
# by aud-inc | 2006-08-28 23:20 | 社長のひとりごと | Comments(0)

AudienceAudience/オーディエンス

"10年先も通用する価値観を提案する―。"

ただ丈夫な・クオリティが高いという意味だけではない、着用してより楽しい・好きになれる、ほんとうの意味で「より長く愛用して頂ける製品」を目標に、皆様(観客・聴衆=audience)の声を聴きながらよりよいプロダクトを作るアパレル・ブランド。

トレンドを追うだけでは得られない、不変・普遍でありながら輝きを失わない価値観を提案しています。

実店舗について

実店舗イメージ

Audience atelier shop

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南2-45-1三協ビル1F

03-5305-4377

営業日時
(平日)13:00~21:00
(土日祝日)12:00~20:00
定休日:水曜日

詳しくはこちら

Audienceオフィシャルウェブショップ

卸売のご案内

弊社ではオリジナルブランド商品の他、インポート商品等の卸売業務を行っております。

お取り扱い店様は随時募集させていただいております。

詳しくはこちら

お問い合わせ

弊社の商品・業務などに関してお問い合わせの方は、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
Audience / (有)AUD 〒166-0014
東京都杉並区高円寺南2-45-1
三協ビル1F
03-5305-4377(代表)/
03-5305-4378
info@aud-inc.com

お問い合わせ

リンク
ブログパーツ