AUD1242・PART4【MデザイナーのファッションSTYLE】
こんにちは。Mデザイナーです。

8月も終わりに近づき、秋の到来が待ち遠しい今日この頃ですが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、先日のブログから引き続き
■Audience Wガーゼチェックシャーリングミリタリーシャツ
のおすすめポイントやこだわりポイントをご紹介するPART4になります。詳しくは PART1 と PART2 と PART3 をご確認下さい。

今回は『コーディドシャーリング』についてご紹介致します。
d0174308_153058100.jpg

d0174308_15312392.jpg
以前にもご紹介したシャーリングですが、前回のものとは違う仕様で出来ています。
布山にゴムをはさんでギャザーをよせた『コーディドシャーリング』は、縫い目であればどこにでも出来る仕様なんです。
そんな『コーディドシャーリング』を 肩 背中 袖 両脇 に施し、シャツ全体に立体感が生まれるように作っています。
また、最大の特徴はシャーリング部分がゴムで出来ているので、幅広い体型の方にお召しいただけるんです!


d0174308_153521100.jpg
コンパクトなサイズ感にこだわって作るAudienceですが、こちらの商品はコンパクトに見えて、意外と大きめに出来ているんです。
今まで、Audienceの形は好きなんだけど、サイズが小さくて着れないな〜なんてお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひこちらの商品をお試しくださいませ。





詳しい商品のお問い合わせなどはAudienceスタッフまでどうぞ。
【お問い合わせについて】
Audience [ http://www.aud-inc.com/ ]
Audience Official Web Shop [ http://www.aud-inc.com/home ]
Mail [ info@aud-inc.com ]

弊社の商品・業務などに関してお問い合わせの方は、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

トラックバック:ファッション・インテリア
[PR]
# by aud-inc | 2010-08-20 15:47 | MデザイナーのファッションSTYLE | Comments(0)
経年変化【社長のひとりごと】
経年変化 けいねん-へんか

 ■年月が経つうちに製品の品質・性能が変化すること。
 特に、磨耗・腐食などで性能が劣化すること。
      *デジタル大辞泉抜粋


不動産屋さんが退出時とかによく使う言葉です。
簡単に言うと段々と悪くなるという事です。

でも全てに共通する言葉ですよね。
劣化ではなく変化ということでしたら、考え方や意識にも。

で会社は( 有形 )それとも( 意識 )か。

有形なら、経年変化が劣化。
意識なら、経年変化が変化。

当然多くの人【自分も含め】、会社は( 人 )だから( 意識 )で変化。
変化なら劣化と違い、( 良い )にも( 悪い )にも。

しかし、製品を扱う会社が多い訳で( 物の劣化 )も必ず抱えるはずですよね。。。


うーん。。。
またも着地点がない話でスイマセン。

d0174308_1225750.jpg

先日ですが誕生日が近い事もあり、贈り物を頂戴致しました。

  ■Oliver Peoples(オリバーピープルズ)

初めてこちらのフレームを手にしたのが16年前。
それ以来の2本目です。

私の目が経年変化に耐えられず、老化の一途を辿っていると
思われたのでしょうか?
嬉しい贈り物ですが、何だか意味深です。

オリバーピープルズは1986年に創業者が、
50年以上前に作られたアンティークフレームに感動し誕生したそうです。

そのフレームは長らく誰からも必要とされず、
マンハッタンのとある地下倉庫に放置されていたそうで。

人と物、清濁混在で事が起きるという事でしょうか?
劣化も変化も、駆逐も更新もまとめて受け止める会社でありたいです。


本日も頑張ります。



【お問い合わせについて】
Audience [ http://www.aud-inc.com/ ]
Audience Official Web Shop [ http://www.aud-inc.com/home ]
Mail [ info@aud-inc.com ]

弊社の商品・業務などに関してお問い合わせの方は、
こちらからお気軽にお問い合わせください。
[PR]
# by aud-inc | 2010-08-19 12:03 | 社長のひとりごと | Comments(0)
I LIKE CAP【店長兼営業部長のほっとブログ】
自分は1年の内、多分3分の2以上を帽子を被って過ごしています。
気付くと帽子の数がどんどん溜まってしまいます。
d0174308_18465638.jpg


かれこれ帽子と出会って(?)15年以上が経っておりますが、いろいろなトレンドに目移りしてきた間も常に帽子との関係だけは続いてきました。

服と帽子との関係はファッションを語る上で重要な関係だったと思います。
アメカジはもちろんのこと、ワークスタイルアイビープレッピースタイルなど、いつの時代もそのスタイルにアクセントになる帽子が存在しました。

帽子から入って、好きなファッションスタイルを作っていくのも一つの方法だと思います。
何と言ってもヘアスタイルを気にせずにいれる事が何と言っても一番の魅力ですね。

Audienceでもヘアスタイルを気にせず、さっと被れば自然なしわ感を表現してくれるターバンをご用意しております。襟元までおとせば、ネックウォーマにもなる2WAYターバンです。
フライス素材で優しい被り心地で窮屈感がなく、どんなファッションスタイルにもあう優れものです。
ターバンは自分の中ではまだレパートリーが少ないのですが、次に増やしていきたいアイテムです。


詳しい商品のお問合せなどはAudienceスタッフまでどうぞ。



【お問い合わせについて】
Audience [ http://www.aud-inc.com/ ]
Audience Official Web Shop [ http://www.aud-inc.com/home ]
Mail [ info@aud-inc.com ]

弊社の商品・業務などに関してお問い合わせの方は、
こちらからお気軽にお問い合わせください。
[PR]
# by aud-inc | 2010-08-18 20:41 | 営業部長のほっとブログ | Comments(0)
SANYO eneloop【EC担当はやおのプロダクトノート】
こんにちわ!はやおです。
『EC担当はやおのプロダクトノート』
自分の持っている持ち物だとか、気に入っている“モノ”に関してグダグダとうんちくを述べていくブログです。

第10回は使うときは使ってるけど、最近あんま使わないかもしれない。“電池”のご紹介。
SANYO eneloop
d0174308_14441310.jpg
d0174308_14442473.jpg『充電池といえばコレ』と言うほど、ブランドイメージが定着しているので、知っている方も多いと思います。

従来製品とは異なり、繰り返し使え、使わないときも放電しにくいという《使い易く》《画期的な》充電池として2005年にデビューしました。
Wiiなどと合わせて買われる方も多いかもしれません。


僕が今回取り上げたいのは、《良い製品》であることではなく、《デザイン》だとか《ブランディング》といった側面の凄さ。
(もちろん良い製品だと思います。)

電池と言えばパワフルであることをアピールするために、金や赤、緑、オレンジなど、非常に目立つカラーリングを施されたパッケージが多かったと思います。

そういった従来の考え方を捨て、白と青のシンプルなデザインで統一したパッケージは『従来の充電池とは異なる』ことをアピールするのに一役買っていました。

また、eneloopのコンセプト《使い捨てない》を発展的に反映した多様な商品を展開していることもポイント。

すべては書ききれませんが、『充電式カイロ』であるとか、『充電用ソーラーパネル』や、なんと『楽器用バッテリー』などもeneloopブランドとして展開しています。


製品の性能に裏付けられた、従来とは一線を画すデザイン、その世界観を広げるブランド展開。
僕は『電池を捨てるのが面倒臭い』などという理由で購入していますが、よく見てみると凄く関心・勉強させられるプロダクトだなぁと感じました。

と、そんなことを考えていたらこんなニュースが。
Panasonic、SANYOを完全子会社化、SANYOブランド廃止へ
eneloop、どうなっちゃうのか少し心配ではあります。

SANYO
eneloop
パナソニック:三洋、パナ電工を完全子会社化(毎日新聞)
eneloop解説(Wikipedia)
そこが知りたい家電の新技術 三洋電機「エネループ」【技術編】

今日のブログはEC担当 はやおがお届けいたしました!


【お問い合わせについて】
Audience [ http://www.aud-inc.com/ ]
Audience Official Web Shop [ http://www.aud-inc.com/home ]
Mail [ info@aud-inc.com ]

弊社の商品・業務などに関してお問い合わせの方は、
こちらからお気軽にお問い合わせください。
[PR]
# by aud-inc | 2010-08-17 15:50 | EC担当はやおのプロダクトノート | Comments(0)

AudienceAudience/オーディエンス

"10年先も通用する価値観を提案する―。"

ただ丈夫な・クオリティが高いという意味だけではない、着用してより楽しい・好きになれる、ほんとうの意味で「より長く愛用して頂ける製品」を目標に、皆様(観客・聴衆=audience)の声を聴きながらよりよいプロダクトを作るアパレル・ブランド。

トレンドを追うだけでは得られない、不変・普遍でありながら輝きを失わない価値観を提案しています。

実店舗について

実店舗イメージ

Audience atelier shop

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南2-45-1三協ビル1F

03-5305-4377

営業日時
(平日/土日祝日)13:00~19:30
定休日:水曜日

詳しくはこちら

Audienceオフィシャルウェブショップ

卸売のご案内

弊社ではオリジナルブランド商品の他、インポート商品等の卸売業務を行っております。

お取り扱い店様は随時募集させていただいております。

詳しくはこちら

お問い合わせ

弊社の商品・業務などに関してお問い合わせの方は、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
Audience / (有)AUD 〒166-0014
東京都杉並区高円寺南2-45-1
三協ビル1F
03-5305-4377(代表)/
03-5305-4378
info@aud-inc.com

お問い合わせ

リンク
ブログパーツ