人気ブログランキング |
OLYMPIC
最近2016年の夏季五輪候補地の話題をよく耳にする。

東京か福岡か。

ものの本で読んだのですが、五輪は大陸持ち回りの原則があるそうで

16年はアメリカ、もしくは南米大陸の可能性が濃厚らしい。


東京 or 福岡

どちらかが国内候補として確定すると、2009年10月のIOC総会まで

自治体の予算(住民の税金)を使ったさまざまな招致活動が

行われるそうです。


勝算の薄いタイミングの招致を、

住民の税金を使って、、、、、、、、、


何か奥の手でもあるのでしょうかね。

それとも任期中のパフォーマンス!!

後者でしたら残念な話ですね。



前職会社の社長は、税理士先生に人件費が高すぎると怒られるほど、

アパレルの水準の中では、社員に良い給料を支払う社長でした。

そのお陰で私もそこそこの給料をいただいておりました、、、、、

当たり前ですが、会社を辞めて独立すると住民税は自分で支払うんです。

前年の給与実績から試算して。

結構な額なのです。

決まっている事なので、役所も当然だよ的な感じで当たり前に支払って下さいと来るのです。


そりゃ、頑張って税金は沢山納めたいと思っておりますよ!!

でも失敗するかもしれないじゃないですか!!

ブルーシート片手に、路上生活かも知れないんですよ!!

【前年実績が収める税の基準】だったらルールに準じますよ。

でも税金はちゃんと使われているんですかね!?



招致活動って、どれくらい税金を使うのですかね、、、、、、



ただのパフォーマンスで無い事を信じたいですね。

勝算が立っているからこその立候補だと。
# by aud-inc | 2006-08-28 23:20 | 社長のひとりごと | Comments(0)
成功体験
過去の実績をもとに、次の指針を考える。

至極まっとうな事ですが、時には足枷になるらしい。


大きな成功体験(実績)が呪縛となり、その成功体験を常に意識し

同じパターンでの再現性に執着し、二匹目のドジョウがいないのにもかかわらず

その呪縛から逃れる事が出来ずにいる。


【 誰もが知るアサヒビールは、5年前に48年ぶりに業界首位に返り咲きました。

現在も全社売上(連結ベース)の約5割を占めるスーパードライという化け物商品が

原動力だったそうです。

ですが今年の1〜6月のビール系飲料(ビール、発泡酒、第三のビール)販売量で、

5年ぶりにキリンビールに首位を明け渡す事になりました。

その一番の理由は、成功体験の呪縛から逃れられずに全ての新商品を

スーパードライの成功体験をもとに開発を進め、結果は似寄の商品ばかり。

消費者の目にはただの亜流としか映らない、鮮度のない商品でしか

なかった。 】


事業を進めるにあたり、過去の成功例を現状の市場を理解した上でモディファイし

亜流では無いものに昇華する。

非常に難しい事ですが、、、、、、、、


二番煎じでは通用しない情報化社会のスピード感をますます実感しております。

がんばろ!!
# by aud-inc | 2006-08-24 23:10 | 社長のひとりごと | Comments(0)
アイディア無限
アイディアは無限。

先日お客さんと食事をさせていただいた時、
ありがたいアドバイスを頂いた。

1931年、ジャーナリストで政治評論家のリンカーン・ステファンスという人が
こう述べたそうです。


「まだ何も完成していない。

 全ては、これから行われるのを待っているところだ。

 絵画の最高傑作は、まだ描かれていない。

 戯曲の最高傑作は、まだ書かれていない。

 最も美しい歌は、まだ歌われていない。

 この世界の何処にも、完全な鉄道、優れた政府、賢明な法律は存在していない。

 物理や数学でさえ、ほんの端緒についたばかりであり、

 心理学、経済学、社会学はダーウィンの出現を待っている。」


世の閉塞感を嘆くより、妄想でもアイディアを膨らませていた方が、
前を向いて進めますしね。
100ひらめいて、その内実になるアイディアが一つでもあれば
一笑い取れるかも!!

   「アイディアは無限。」

まだ何も完成していない。
全ては、これから行われるのを待っているところだ。
# by aud-inc | 2006-07-31 22:42 | 社長のひとりごと | Comments(0)
お疲れ様です。
一昔前は二十歳が成人の区切りだったのでしょうが、
最近は三十歳が区切りのような気がします。

なんでしょうかね、、、、、、

僕も独立は三十過ぎでした。

長寿の影響ですかね。
二十歳って子供でも許される事が多くなってきた気がします。
そんな僕自身も25歳までフリーターでしたからね。

最近の若い子は!!
なんて気持ちはさらさらございません。
時代が良かった僕らより、今の若者は現実をよく見ていて
本当に賢い人が多いですもの。

ここ10年で大きく変わりましたよね、世の中。
多分後々、歴史の教科書に載るくらい大きく、、、、、、

これからもっと変っていくんでしょうね、きっと。

ゆっくりやりたいんですけどね、、、、、、、
# by aud-inc | 2006-06-29 21:07 | 社長のひとりごと | Comments(0)

AudienceAudience/オーディエンス

"10年先も通用する価値観を提案する―。"

ただ丈夫な・クオリティが高いという意味だけではない、着用してより楽しい・好きになれる、ほんとうの意味で「より長く愛用して頂ける製品」を目標に、皆様(観客・聴衆=audience)の声を聴きながらよりよいプロダクトを作るアパレル・ブランド。

トレンドを追うだけでは得られない、不変・普遍でありながら輝きを失わない価値観を提案しています。

実店舗について

実店舗イメージ

Audience atelier shop

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南2-45-1三協ビル1F

03-5305-4377

営業日時
(平日/土日祝日)13:00~19:30
定休日:水曜日

詳しくはこちら

Audienceオフィシャルウェブショップ

卸売のご案内

弊社ではオリジナルブランド商品の他、インポート商品等の卸売業務を行っております。

お取り扱い店様は随時募集させていただいております。

詳しくはこちら

お問い合わせ

弊社の商品・業務などに関してお問い合わせの方は、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
Audience / (有)AUD 〒166-0014
東京都杉並区高円寺南2-45-1
三協ビル1F
03-5305-4377(代表)/
03-5305-4378
info@aud-inc.com

お問い合わせ

リンク
ブログパーツ